ヴァロッティの 1/6 調律 (1754年)



ピタゴラスコンマを6個に分けたものです。
これをC - Fis の6個に入れたものは、ヤングの調律(1800年)といいます。
どちらもガンバのフレッティングが易しいことからアンサンブルなどで非常によく使われます。





文中の記号の説明



ホームに戻る