幸せな時間



「初めて沢」の石。
私が初めて晶洞を開けた所なのでそう名付けました。
この場所は日本一美しい煙水晶が出ました。
日本のスイス、ここに在りと言って、恥ずかしくはありません。

色合いもまさに煙り色。色が濃過ぎると、煙という言葉の印象からずれてしまいます。
これは、春の畑で野焼きの煙が、のどかに、うっすらとたなびくイメージでしょう。
小さい石ですが、コレクション中で、最も気品ある美しさを湛えた水晶。
ですから、このページの顔とも言えるセンターです。

 何回も通いましたが、脈が細く小さな石しか採れませんでしたし、
そのうちに晶洞の開く気配さえ無くなってしまい、もう久しく足を踏み入れてはいません。

それでも、もしかしたら・・という思いが、時に頭の中をよぎります。
そんな瞬間が、石好きには一番幸せな時間かも知れません。


このホームページに登場する石たちは、採集品を中心に、一部頂き物や 購入品な ど、 国産でまとめる予定でいます。
収集した水晶や石たちには、色々な思い出が詰まっているので、そんな事も紹介します。
石の多くは魅力溢れ、個性的な石が出る山梨産です。

★は、お気に入り度を表し、3段階で表示します。   
☆ は頂き物や購入品です。    
は、レ ア度で、これも3段階です。
水晶のタイ プや鉱物の産出が珍しい時に使います。
石の美しさ、面白さにウェイトを置いてい て、大きさにはあまりこだわっていません。


この石は、水晶としてトップレベルのクオリティを持ってい ます。
その最大の要素は、柱面の平坦さにあります。
普通、水晶の柱面には横に条線がありますが、この石にはそれがほとんど見当たりません。
その様子を例えるならば、トパーズの劈開面に似ています。
ゆらっとしていて、見ているとちょっと怖いくらいです。
結晶の太さが全く変化せずに縦に成長したのだと思います。
水晶の美しさの3要素は、照り、透明度、形ですが、
この石には、それに柱面の平坦さが加わっているのです。
柱面を透してみる紙の質感を味わって下さい。
まるで、カットした石の様で す。
★★★★★  山梨県甲府市黒平産


homeに戻る