冠雪



珍品。
煙水晶の上に、色の無い水晶が被っている。
煙にはちゃんと頭があることが分かる。

一度結晶の成長が止まった後に再び成長する、再結晶型で、
逆松茸型とも呼ばれるが、
何故色が変わったのだろう。

これが、「標識」とか「自由の女神」の石と違うのは、
それらは、別の結晶がくっついているのに対して、
この石は、下の石の続きとして成長しているところで、
つまりこれは、一個の結晶と言えるのではないか?

山の頂きの雪が、固まったかのよう。
自然の不思議さが、詰まっている。

★★★★★山梨県甲府市 黒平産