花梨に立てて



どうやって撮影しようかなと辺りを見回して、
目に入った美しい色合いに誘われて、こうなりました。

白い内包物は、ぼんやりとした山の様になっています。でも
内包物よりも、右側の袖の様な形状が気に入っています。
柱面の一つが極端に狭くなって、断面が五角形とも言えそうなプロポーションの水晶の特徴で
その代わりに、右の柱面はとても広くなっています。

結晶の形は見え方に影響を与えます。
回しながら眺めていると、一瞬「あれっ」という感じで
光がこちら側にはっきりと出て来る瞬間があります。
そんな辺りを右に左にと回して楽しみます。
頭部が小さいのは、この産地の特徴。

★甲府市水晶峠産