あの時の思い出



大きさ、晶癖、プロポーションのどれをとってもグッド。
残念なのは、結晶の角が甘い事と小さな傷の為に照りが弱い事。
晶洞が崩れた後に堆積土の中に長く居る時に、地形の変化で揉まれたからだろう。
大きな石ほど、その影響が大きく出るらしい。

辺りはどことなく出そうな雰囲気があった。しかし、それは
一か八かの賭博的な雰囲気であった。

地中にこれを初めて認めた時は、太い柱面の真ん中辺りしか見えず、
頭があるかは分からなかったが、ビビッと来た。
すぐさま、その時の様子を写真に収めた。
それから、おもむろに、掘り出した。
そして、感動した。やっぱり頭はあったと思った。

そう、もう一つ残念な事に、中央右に大きな欠けがある。
これは多分、自分が付けてしまったのだと思う。
掘っている時に、石にガンと当たる手応えがあり
その時に落ちた土砂の向こう側にこの水晶はあった。
運が悪いとは言え、すまん。

★★★山梨県水晶峠産