すみれ色



形は良く、ボリュームと透明度もあり、クラックもあり ません。
素晴らしい石なのに、照りがないからでしょう、実際の印象と違って、
普通に写すとちょっと冴えない。そこで工夫してみます。
花の色が入り込んで、ちょっとおしゃれになりました。
無色の水晶の良さは、よそから色を貰える事にもあるようです。

こうやって、自然の植物と一緒に写すと、水晶は自然の物だという事を強く感じます。
取り合わせに違和感が全くありません。
産地は寒くて陽当たりも悪く、花もなく、ちょっと淋しかった覚えがあります。でも、
水晶には、そういう淋しさがよく似合う様な気がしています。
私が拾い上げるまで、何千年もじっと待っていたに違いありませんから。

★長野県小川山産