有機物 1


多種多様な晶癖で楽しませてくれるこのポイントで、私の目的はこの様な石。
とある石の雑誌に載ったコレクションの写真を見て、どうしても欲しいと思い
何度も通って手に入れる事の出来た中の一本。

透過光での撮影なので、芯の色が実物より白っぽくなってしまったが、
緑色の芯が全体の半分以上の高さで入っている。
透明の部分が下まで芯を覆っており、鉱物としての魅力が強いにもかかわらず、
緑芯のおかげで有機物であるかの様な雰囲気を醸し出しており、そのミスマッチがたまらない。
また、おまけとして、中央やや上に四角く光っている内包物が入っている。
これは黄鉄鉱であろう。金色に輝いている。

下部にこの産地によく見かける、斜めのクラックが入っているのが、ちょっとだけ残念。

★★山梨県水晶峠産