落ち葉と石


最近では、おっと思った石はすぐに写真を撮るようにしている。
泥はクオリティが感じられる程度にざっと拭って、良い撮影場所を探すのだが、
このように落ち葉を拾ってきて、その上に載せて撮るのが、このところのやり方だ。
これだと、光の角度を考えなくても良いし、大きさも分かる。
写真を見ると、泥は乾き掛かっているから、落ち葉を探してちょっと時間が経ったのだろう。
プロポーションもしっかりとした重量感が漂うものだが、内部はやや白っぽい部分が多かった。
単晶だが、家で観察したら同軸の双晶であった。それはここでは案外多いようだ。

秋といえども日差しはなかなか強いことが感じられるが、
夏であれば、広葉樹の下の適度な日陰の中で採集が楽しめるポイントである。