メロン晶洞 2


メロン晶洞が開いた直後の様子。

石英が入っていた上の方を長い事叩いていたが、なかなか開かず、
どうしてだろうと思って下の長石の方を叩いたら、割合いあっけなく開いた。
長石ごとドサっと晶洞内に落ちて大きな穴が出現した、その時の様子で、
まずは写真と思って、これを撮った様に思う。

こういう晶洞の開き方は、とても気持ちが良いものだが、滅多には経験をしない。
大体は、小さな穴が開いたり、タガネが中にすっと入って、晶洞が開いた事が分かるものである。