採集紀行・青空の下で 



忙しくて山に行く機会を逸している。
そこで、数年前の7月の山行きの時の写真を眺めて、行った気分に浸る。


沢沿いの大きな岩に入っていたペグマ。
右奥からずっと続きている様だ。
ひょっとしたら、どこかに晶洞が生じているかも知れないが、パスしてしまった。
ダラダラと続いている脈に良い思い出がなかったからだ。

それでも、山では脈を見ただけで元気になるから不思議だ。





ホームに戻る