採集紀行・青空の下で 



この冬は暖冬だが、しかし冬はやっぱり寒い。
寒いから山には行きたくはない、と言うわけではなく、
年の初めは色々と忙しいだけで、本当は山を歩きたいと思っている。
低山を歩くには、決して悪い時期ではないから。それに採集の出来ない時期であれば、
かえって、石の出ない山に向かい易いし、登りたい山もいくつかある。

しかし、今はゆっくりと部屋で過ごす。
写真を撮るにも最適な時期で、しかしそれも、春の兆しと共に
段々と終わりに向かっている。
今日は、木台に乗っている石たちを、ケースから出す。


ホームに戻る